低い?高い?気になるワインのカロリーと気を付けること

合わせる料理はできるだけヘルシーなものを選ぶと良いでしょう

このように相乗効果で料理もお酒もどんどんすすんでしまうことがあるので、合わせる料理はできるだけヘルシーなものを選ぶと良いでしょう。
こってりした料理に合うイメージが強いですが、白やロゼの辛口はたとえば魚と野菜のカルパッチョやサラダなどのさっぱりしたものにも合います。
カロリー数値は高いですが糖質が低くて太りにくいと言われている高タンパクのチーズやお肉を使った料理は濃厚な赤にばっちり合います。
最近よく聞くアヒージョなどもオイルをバゲットに付けなければ糖質は低く抑えられます。
意外かもしれませんがヘルシーな和食にも合うのです。
あさりの酒蒸しや揚げだし豆腐などの居酒屋人気メニューなどはばっちり合います。
寒い季節であれば、お鍋料理やおでんとも合います。
旬の野菜を中心としたメニューもおすすめです。
お店で楽しむのも良いですが、自炊だとよりヘルシーにすることができます。
私の場合、ワインを飲むとしっかり酔うことができるので、自然と食事の量は減らすことができます。
これがビールなどだと、飲みながら料理やおつまみもどんどん食べてしまうのですが、アルコール度数が高いお酒は満足感が高いためそれだけでも楽しめます。
逆に、酔ってしまうことで自制心がなくなり、いつも以上にドカ食いをしてしまうという方もいるかもしれませんので、そんな方はまず理性を保てるぐらいの量しか飲まないということも意識してくださいね。

ワインのカロリーはどれぐらいかご存じでしょうか : 合わせる料理はできるだけヘルシーなものを選ぶと良いでしょう : ダイエットしながらでもお酒は美味しく飲むことができます

ワイン通販ワイン通販ならワインショップソムリエ